Jean-Michel Basquiatバスキア展☆森美術館☆

未分類
スポンサーリンク
※本ページはプロモーションが含まれています

オールドトビリシの観光

この記事を書いているRinaです

旅行が好きで日本をはじめ、色々なところへ旅した記録などを書いています。

コスパよく旅行をしたり居住したりするのが好きなので、お得情報をお届けできればと思っています⭐️

2019.12.2

バスキア展を森美術館へ見に行ってきました☆

きっかけは、ZOZOTOWNの箱に、バスキア展のCMが印刷されていたことです。

ベネフィットでシークレット割引になっていたのも

大きな理由ですねw

2019年9月21日(土)~2019年11月17日(日)

と言う期間で、激忙しい時でしたが、行ってまいりました☆



パーカーを購入しようと目論んでいたのですが

売り切れだとか。ざんねん。

という事で、ノートと、トートバッグを購入。

グッズ

とってもかわいい☆

パーカーだと、毎日は着られないけど

バッグなら毎日持てます☆

クリアファイルも買いました☆

もったいなくて使えないw

油彩で本も出版している知り合いに

プレゼントしたら、顔が引きつってしまい

しっぱいしたな、、と思ったという後日談あり。。

買ったのはこれだけです☆

ちなみに、森美術館で買ったものでは、

駐車場の割引はできない

という事でとても残念でした。

Basquiatとは?



プエルトリコ系移民の母親とハイチ系移民の父親の間に生まれ、幼い頃から絵を描き、芸術的な活動をするように母親から奨励されていた。17歳の頃から地下鉄、スラム街地区の壁などにスプレーペインティングを始める。活動を続けるうちに高校を中退したバスキアは、Tシャツやポストカードを売りながら生計を立てていた。徐々に彼の描いたスプレーペインティングは評価され、キース・ヘリングバーバラ・クルーガーの助力でニューヨークで個展を開くようになった。また、絵の中に描かれる王冠は彼のトレードマークとなっている。一時結成していたノイズバンド「GRAY」の名は交通事故のさい母親が病室に持ち込んだ本が由来している。

1983年にはアンディ・ウォーホルと知り合い、作品を共同制作するようにもなる。1987年のウォーホルの死まで2人の互いに刺激しあう関係は続いたが、バスキアは徐々にヘロインなどの薬物依存症に陥り、妄想癖が見られるようになった。そしてウォーホルの死によりさらに孤独を深めると共に、ますますヘロインに溺れていった。

1988年、ヘロインのオーバードースにより27歳で死去。

(引用;Wikipedia)

ウォーホルさんとの二人の作品も飾られていました。

芸術というのは、年も人種も何もかもを超えて刺激しあえる

素晴らしいツールであることは、私も感じています。

また、新しい風を受け入れられるほどの度量があったウォーホルさんは

真の芸術家であったのだなと、わかる出来事でもありますね。

解説サービス

トランシーバーのようなもので、作品解説が聞けるサービスがあり

とても有意義に作品を鑑賞することができました。

音声は、モデルの吉岡里帆さん。

個人的には、もう少し一つ一つの作品について

詳しい解説があってもよあかったかなと思いました。

展示の内容

流星のごとく現れ、

1980年代のアートシーンに衝撃を与えたジャン=ミシェル・バスキア。

彼の作品はその短い人生を物語るかの如く、

非常に強烈なエネルギーを持ち合わせており、わずか10年の間に、

新たな具象表現的な要素を取り入れた2,000点を越すドローイングと

1,000点以上の絵画作品を残しました。

本展ではそれら作品群より、絵画やドローイングなど約80点を

世界各地から集め、バスキアの短い生涯と

彼が生きた時代を辿りながら作品をご紹介します。
(引用;森美術館サイトより)

だそうです。たくさんのノートも貼られ

見どころがたくさんありました。

作品

撮影OKの作品は、撮影してきました。

日本の美術館、特に日本の文化に関わるものでは

撮影が禁止されているものが多いですが

外国では割とオープンですよねw

日本だけなぜだろう。

とはいえたくさんの写真を撮れたので満足です☆

間近で見られたことも、とてもよかったです☆

目玉の作品は

やはり、ZOZOTOWNの前社長、前澤さんが保有する

この作品。

こちらは、ZOZOTOWNの商品が入っていた箱にも印刷されていました。

(捨てるのがもったいないので、楽器の入れ物にしましたw)



本物は、やはり鮮やかでした☆

ここまで青の目立つ作品はにはなかったので

そのせいで、目を引くという事もあるのかなと思いました。

横に立って写真を撮りたかったですが

勇気が出ませんでしたw

私が個人的に一番気に入った作品はこちら。

そもそも、風刺的作品が好きだし、自分でも風刺的な作品や

歌詞を書くので

こういったわかりやすく攻撃性のある

しかしい愛情もあるものに惹かれるのでしょうか?

この作品も割と好きです☆

こちらはかなり大きな作品です。

バスキアさんは、人体の中身の絵を描いていることも多いそうです。

幼いころに、母親に人体の本を買ってもらったことが影響しているそうです。

自画像はほとんどなく、

自画像と思われるものは、このように真っ黒なものだそうです。



人種差別など、歴史の犠牲になったことから

思うところがたくさんあったのでしょうね。

横には、瓶の王冠(蓋)が貼られています。

地図的なものも結構多かった気がします。

こちらには、日本語が描かれています。

日本が好きだった、でも、

自分の立場をもっとよく考えて立ち居振る舞いをしてくれ

そんな気持ちがもしかしたらあったのかな

なんて勝手に想像しながら鑑賞をしていました。

こちらもなんだか惹かれるものがありますね。

クリアファイルになるほどです。

終わりに



もう一度見たかったのですが

どうしても時間が取れず行くことができませんでした。

また機会があればぜひもう一度行きたい。

バスキアさんの勢いを、気持ちをもらえるような

そんな展示会でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました